文化遺産オンライン

龍鳳堆朱合子

りゅうほうついしゅごうす

作品概要

龍鳳堆朱合子

りゅうほうついしゅごうす

漆工 / / 中国

「大明萬暦壬辰年製」銘

制作地:中国

明時代・万暦20年(1592)

高8.6 縦16.1 横25.8

1合

銘文:「大明萬暦壬辰年製」銘

蓋表には、雲気が漂うなかで龍と鳳凰が対峙する図様が堆朱で表されています。注目すべきは、龍の爪が1本ずつ削られていることです。おそらくは、この作品が宮廷から出ていくなどの事情により、皇帝を象徴する五爪の龍の爪を削ったものかと思われます。

龍鳳堆朱合子をもっと見る

「大明萬暦壬辰年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

大明 / / Ming /

関連作品

チェックした関連作品の検索