文化遺産オンライン

葡萄堆朱盞台

ぶどうついしゅさんだい

作品概要

葡萄堆朱盞台

ぶどうついしゅさんだい

漆工 / / 中国

「大明宣徳年製」銘

制作地:中国

明時代・宣徳年間(1426~35)

径21.6 高(縁)3.5 (葡萄)3.8 高台径11.7 高台高0.7 高台幅0.4

1個

銘文:「大明宣徳年製」銘

宣徳の年号が記された堆朱には、朱漆が若干暗い発色を呈し、彫刻もやや平板な表現の作例が見られます。ここでも高く盛り上げ、貼り付けられた葡萄の房の下には、比較的に浅く、平面的に葡萄の果実や蔓葉が彫り表わされています。宣徳期には堆朱の品質や技術が後退してしまったともいわれます。

葡萄堆朱盞台をもっと見る

「大明宣徳年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

大明 / / / Ming

関連作品

チェックした関連作品の検索