無量寿仏坐像 むりょうじゅぶつざぞう

その他の画像全11枚中11枚表示

彫刻 /  / 中国 

制作地:中国
清時代・17~18世紀
銅造、鍍金
1躯

チベット仏教では阿弥陀如来に二種類あり、西方極楽浄土の教主を無量光仏、その化身を無量寿仏と呼び、後者は菩薩の姿と考えられていました。両手を腹前で組み、宝珠の湧き出る宝瓶を乗せます。細部までおろそかにしない入念の作で、清朝初期の官営工房で制作されたと思われます。

作品所在地の地図

関連リンク

無量寿仏坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仏頂尊勝母坐像
白色ターラー菩薩坐像
菩薩坐像
チャクラサンヴァラ父母仏立像
薬師如来坐像(七仏薬師のうち)
ページトップへ