Seated Amitabha

Details

Seated Amitabha

Sculpture / Qing Dynasty / China

Place of production:China

Qing dynasty, 17th–18th century

Gilt bronze

1躯

チベット仏教では阿弥陀如来に二種類あり、西方極楽浄土の教主を無量光仏、その化身を無量寿仏と呼び、後者は菩薩の姿と考えられていました。両手を腹前で組み、宝珠の湧き出る宝瓶を乗せます。細部までおろそかにしない入念の作で、清朝初期の官営工房で制作されたと思われます。

Search by Seated Amitabha

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ Qing / China /

Related Works

Search items related to work chosen