文化遺産オンライン

紅釉雲気文皿

作品概要

紅釉雲気文皿

陶磁 /

景徳鎮窯 「大明宣徳年製」銘

明時代・宣徳年間(1426~35年)

1枚

明時代宣徳年間(1426~35年)の官窯では、白磁をはじめ、さまざまな単色釉磁の精品が焼かれている。銅を呈色剤とし、品格のある紅色を得る紅釉はその代表例であり、「祭紅」の名で珍重されている。見込み中央に三つの雲気文が線彫りであらわされている。

紅釉雲気文皿をもっと見る

景徳鎮窯 「大明宣徳年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 大明 /

関連作品

チェックした関連作品の検索