文化遺産オンライン

白磁緑彩龍濤文鉢

はくじりょくさいりゅうとうもんはち

作品概要

白磁緑彩龍濤文鉢

はくじりょくさいりゅうとうもんはち

陶磁 / / 中国

景徳鎮窯 「大明正徳年製」銘

制作地:中国

明時代・正徳年間(1506~21年)

1口

銘文:「大明正徳年製」銘

文様の部分だけ釉をかけ残して白磁を焼造し、上絵具(うわえのぐ)で彩る手法は、明時代中期の弘治(こうじ)(1488~1505年)、正徳(せいとく)(1506~21年)の官窯でさかんに行われた。この作品は、精良な素地、端整な器形、繊細な彫り文様などに、正徳官窯の特色がよくあらわれている。

白磁緑彩龍濤文鉢をもっと見る

景徳鎮窯 「大明正徳年製」銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

大明 / Ming / /

関連作品

チェックした関連作品の検索