文化遺産オンライン

黄地緑彩寿桃文角皿

おうじりょくさいじゅとうもんかくざら

作品概要

黄地緑彩寿桃文角皿

おうじりょくさいじゅとうもんかくざら

陶磁 / / 中国

景徳鎮窯

制作地:中国

明時代・嘉靖年間(1522~66年)

磁器

1枚

銘文:「大明嘉靖年製」銘

16世紀中葉、嘉靖年間になると、景徳鎮官窯では、赤、黄、青などの濃い原色の上絵具で地を塗りつぶした器を作るようになります。量産のため胎の質が低下したことに対する策の一つと考えられますが、独特の華やかさ、賑やかさが魅力となっています。

黄地緑彩寿桃文角皿をもっと見る

景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 大明 / / Ming

関連作品

チェックした関連作品の検索