Bowl Peony arabesque design in overglaze enamel

Details

Bowl Peony arabesque design in overglaze enamel

ceramics / Ming Dynasty

Jingdezhen ware, China

Ming dynasty, 16th century

磁製

高8.5 口径18.2 底径6.8

1口

明・正徳(1506~21)、嘉靖(1522~66)年間の頃に、景徳鎮民窯でつくられた五彩の器を日本では「古赤絵」と呼んでいます。赤色を中心に、花唐草や吉祥などの文様を典雅にあらわすもので、官窯の持つ格調高さとは異なり、親しみやすさや愛らしさに満ちています。

Related Works

Search items related to work chosen