文化遺産オンライン

赤地金襴手宝相華唐草文碗

あかじきんらんでほうそうげからくさもんわん

作品概要

赤地金襴手宝相華唐草文碗

あかじきんらんでほうそうげからくさもんわん

陶磁 /

中国・景徳鎮窯 

明時代・16世紀

高6.6 口径11.8 底径4.2

5客

外面に赤い絵具を塗りつめ、金箔で唐草文があらわされている。明時代嘉靖年間(1522~66)に景徳鎮民窯で焼かれたいわゆる金襴手である。日本では向付として珍重された。金による装飾は擦れて剥落しやすいが、この作品は保存状態が良好である。(ルビ:かせい)

赤地金襴手宝相華唐草文碗をもっと見る

中国・景徳鎮窯 をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / Ming /

関連作品

チェックした関連作品の検索