文化遺産オンライン

三彩金襴手龍濤文水注

さんさいきんらんでりゅうとうもんすいちゅう

作品概要

三彩金襴手龍濤文水注

さんさいきんらんでりゅうとうもんすいちゅう

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・16世紀

磁製

高24.8 幅17.0

1口

玉壺春と呼ばれるゆったりと丸い胴を持った瓶に、細い注口と把手が付いた酒注を仙盞瓶(せんさんぴん)を呼びます。明時代に流行した器種で、景徳鎮民窯でつくられた華やかな作品が日本でも懐石道具として好まれました。この瓶は翡翠、紫、黄色の釉薬を掛け分けた珍しい作品です。

三彩金襴手龍濤文水注をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Ming / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索