文化遺産オンライン

五彩花鳥文輪花鉢

作品概要

五彩花鳥文輪花鉢

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

清時代・18世紀

磁器

高8.4 口径19.2 高台径8.9

1口

遷海令(せんかいれい)が撤回されて1680年代に中国磁器の輸出が再開されると、当時ヨーロッパで好評を博していた日本の柿右衛門(かきえもん)様式の色絵磁器を景徳鎮窯(けいとくちんよう)が写すようになります。やや青みをおびた釉が施された素地(きじ)の質感と、青が青花(せいか)(染付(そめつけ))で描かれている点が異なります。

五彩花鳥文輪花鉢をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鎮窯 / 磁器 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索