五彩百子図壺 ごさいひゃくしずつぼ

陶磁 /  

景徳鎮窯
明時代・16世紀
1口

多くの子供に恵まれることは、かつての中国においては非常な幸福とされた。百人の童子が戯れ遊ぶ「百子図」には、多子の願いが込められている。明時代後期に景徳鎮民窯で焼かれた五彩磁器であり、日本では古赤絵と呼ばれている。

作品所在地の地図

関連リンク

五彩百子図壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

五彩蓮池水禽文皿
五彩蓮池水禽文皿

中国・景徳鎮窯

五彩唐草文鉢
五彩唐草文鉢

景徳鎮窯

五彩人物図皿
五彩人物図皿

中国・景徳鎮窯

五彩獅子文瓶
五彩獅子文瓶

中国・景徳鎮窯

古染付蓮池独釣図手鉢
古染付蓮池独釣図手鉢

中国・景徳鎮窯

ページトップへ