文化遺産オンライン

牛童堆朱合子

うしわらわついしゅごうす

作品概要

牛童堆朱合子

うしわらわついしゅごうす

漆工 / / 中国

制作地:中国

明時代・15~16世紀

1合

堆朱は朱漆を塗り重ねた層を彫って図柄を表わす技法で、中国の伝統的な漆芸技法の一つ。わが国では特に室町時代以降の唐物を尊重する風潮の中で、堆朱の器物がもてはやされた。名物記や桃山期の茶会記には、大名物の居布袋図堆朱香合(徳川美術館蔵)をはじめ、堆朱と考えられる香合が多く見い出される。
@すわりほてい@

牛童堆朱合子をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

堆朱 / / 重ねる / 彫る

関連作品

チェックした関連作品の検索