花鳥文堆朱盆 「張成造」銘 かちょうもんついしゅぼん

工芸  漆工 /    / 中国 

元ー明/14世紀
高4.2 径32.1
一枚

 梔子の花枝を見込の全面に表し、その上に二羽の飛び交う鳥が配されている。花卉に鳥を二羽配する図柄は宋時代以降の彫漆に好まれた。この盆は良質は堆朱が下層から幾重にも塗り重ねられ、文様が彫り込まれている。 彫りは雄渾で量感に溢れ、卓越した技術である。高台内に元時代の彫漆の名工である「張成造」の針彫銘があり、また中央に「頴川東房」の朱漆印判文字が捺されている。この種の盆は室町時代の日明貿易の中で高く評価され、香炉をはじめ花生、茶入などと組み合わされて飾られた。

作品所在地の地図

関連リンク

花鳥文堆朱盆 「張成造」銘チェックした作品をもとに関連する作品を探す

堆朱蓮鴨彫物有圓香盆
屈輪文堆黒輪花盆
彫漆箱 「朝露」
彫漆布袋葵文手箱
彫漆技術記録
彫漆技術記録

音丸耕堂

ページトップへ