文化遺産オンライン

屈輪文堆紫食籠・盆

ぐりもんついしじきろう・ぼん

作品概要

屈輪文堆紫食籠・盆

ぐりもんついしじきろう・ぼん

漆工 / 工芸品 / / 中国

南宋/13世紀

食籠 高11.5 径22.5 盆 高4.6 径31.0

一具

 食籠は丸形の印籠蓋造で、唐草形の屈輪特有の美しい文様が彫られている。素地に黒漆と朱漆を塗り、黄・朱・黄・朱・黄・朱・黄・朱・黄・朱と繰り返し、最後に朱漆を塗っている。屈輪文による文様のリズミカルな構成は、見事な立体感を盛り上げ、刀痕も雄渾である。盆も同様の構成である。食籠と盆は本来、組物ではない。

屈輪文堆紫食籠・盆をもっと見る

公益財団法人徳川黎明会 徳川美術館をもっと見る

キーワード

/ / / 屈る

関連作品

チェックした関連作品の検索