文化遺産オンライン

屈輪堆黒箱

ぐりついこくばこ

作品概要

屈輪堆黒箱

ぐりついこくばこ

漆工 / / 中国

制作地:中国

明時代・16~17世紀

1合

屈輪は器体に何層もの色漆を塗り重ね、「メガネ」形や「ハート」形などの文様を彫り表わす彫漆技法の一種です。本品は大ぶりの箱で、黒漆のあいだに4層の朱漆をはさんで塗り重ね、器体表面の全体に屈輪文を施した明時代中期の屈輪の優品です。(130326_t091)

屈輪堆黒箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 屈る / 彫る /

関連作品

チェックした関連作品の検索