文化遺産オンライン

彫漆布袋葵文手箱

ちょうしつほていあおいもんてばこ

作品概要

彫漆布袋葵文手箱

ちょうしつほていあおいもんてばこ

漆芸 / 昭和以降

音丸耕堂  (1898~1997)

おとまる こうどう

昭和53/1978

乾漆、彫漆

高14.0 23.9×17.9

1合

文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)

国(文化庁)

 彫漆は、厚く塗り重ねた漆の層を彫刻して文様を表す技法である。朱漆や黒漆を塗り重ねて彫るものを堆朱、堆黒という。中国の宋・元代に盛んになり、室町時代頃から我が国でも行われるようになった。
 本作品は、あらかじめ白、紫、黒の漆を厚く塗り重ねておき、求める色の層まで彫り下げ、水面に浮かぶ布袋葵の花と葉を表している。
 昭和53年度文化庁工芸技術記録映画「彫漆-音丸耕堂のわざ-」の対象作品である。

彫漆布袋葵文手箱をもっと見る

音丸耕堂をもっと見る

国(文化庁 工芸技術資料)をもっと見る

キーワード

/ 彫る / 文化庁 / 技法

関連作品

チェックした関連作品の検索