乾漆朱輪花盤 かんしつしゅりんかばん

漆芸 / 昭和以降 

増村益城 (1910~1996)
ますむら ましき
昭和58/1983
乾漆、漆塗
高8.0  31.0×33.0
1口
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
第30回日本伝統工芸展
国(文化庁)

 髹漆は、漆塗を主とし、装飾文様を描かずに漆塗だけで作品を制作する技法である。素地の造形(木地、乾漆等)、下地、上塗(朱塗、溜塗等)・仕上げ(塗立仕上げ、呂色仕上げ)等の工程の全般を指し、幅広い内容をもつ。
 本作品は、粘土原型から取った石膏型に麻布と和紙を漆で貼り重ね、石膏型から外して素地を作る乾漆技法で制作されている。乾漆素地に漆下地を施し、黒漆の下塗、中塗の後、朱漆で上塗し、呂色(磨き)仕上げとしている。
 昭和57年度文化庁工芸技術記録映画「髹漆-増村益城のわざ-」の対象作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

乾漆朱輪花盤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

髹漆技術記録
髹漆技術記録

増村益城

髹漆
彫漆技術記録
彫漆技術記録

音丸耕堂

彫漆箱 「朝露」
籃胎蒟醬茶箱「春風」
ページトップへ