Kenzobutsuurushinuri

建造物漆塗

Details

Kenzobutsuurushinuri

建造物漆塗

建造物

選定年月日:20160930

選定保存技術

独特の色艶を持つ漆塗は、彩色・錺金具【かざりかなぐ】とともに我が国の建造物を荘厳する技術として欠かせないものである。漆塗の技法は、部材となる木地を固めた後、ひび割れ防止や補強を施し、下地材を塗っては研ぎ出すという工程を何度も繰り返して下地を平滑にした後、精製した中塗漆、上塗漆によって仕上げる。保存修理においては、旧塗膜の劣化を見極め、破損した塗層までを掻き落とし、必要な工程からなる塗りを施す。使用する工具、漆の調合法や塗り技法は、それぞれの工程で異なり、専門的知識や経験とともに熟達した技術が要求される。
建造物漆塗の技術は、社寺など伝統的な建造物の保存に不可欠であるが、近代以降、油性塗料や合成塗料が建築塗装の主流となり、技能者の減少が危惧されているため、保存の措置を講ずる必要がある。

Related Works

Search items related to work chosen