彫漆技術記録 ちょうしつぎじゅつきろく

その他の画像全3枚中3枚表示

漆芸 / 昭和以降 

音丸耕堂 (1898~1997)
おとまる こうどう
昭和54/1979
乾漆、彫漆
高11.0~12.7  22.5~24.3×16.4~18.3
一式(6点組)
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
国(文化庁)

 彫漆は、厚く塗り重ねた漆の層を彫刻して文様を表す技法である。朱漆や黒漆を塗り重ねて彫るものを堆朱、堆黒という。中国の宋・元代に盛んになり、室町時代頃から我が国でも行われるようになった。
 この技術記録は、「彫漆布袋葵文手箱」(昭和53年制作)の制作工程見本である。6点組で、乾漆素地の石膏原型2種、素地の布貼り、完成した乾漆素地、文様の針描き及び地下げ(彫漆)、仕上げの各工程を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

彫漆技術記録チェックした作品をもとに関連する作品を探す

彫漆布袋葵文手箱
彫漆箱 「朝露」
髹漆技術記録
髹漆技術記録

増村益城

乾漆朱輪花盤
乾漆朱輪花盤

増村益城

蒟醬技術記録 (1)盆
ページトップへ