白蝶貝割貝漆香合制作工程見本 しろちょうがいわりがいうるしこうごうせいさくこうていみほん

漆芸 / 昭和以降 

田口善国 (1912~1998)
たぐち よしくに
平成10/1998
木製漆塗、螺鈿(白蝶貝)
各 高4.4  6.5×6.5
一式(6点組)
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
国(文化庁)

 蒔絵は、漆芸の装飾技法の一つで、漆に金粉や銀粉などを蒔き付けて文様を表す技法である。奈良時代に技法の源流がみられ、平安時代以降我が国で高度に発達した。金属板を用いる平文、貝を用いる螺鈿などの技法が併用されることが多く、多彩な表現が行われる。
 本作品は、貝にあらかじめ割れ目を入れ、曲面になじませて貼る割貝技法の工程見本である。円文様に切った白蝶貝の薄貝に和紙を貼ってから割れ目を入れ、漆で接着し、塗り込みと研ぎを繰り返した後、磨き仕上げるまでの工程を示している。
 作者は、重要無形文化財「蒔絵」の保持者として、各種の蒔絵技法に薄貝螺鈿技法を効果的に組み合わせ、個性的で装飾性の高い、優れた作品を制作した。

作品所在地の地図

関連リンク

白蝶貝割貝漆香合制作工程見本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平文輪彩箱
平文輪彩箱

大場松魚

金胎蒔絵漆箱 「飛翔」
蒔絵
瑞鳥唐花文螺鈿箱
螺鈿
ページトップへ