文化遺産オンライン

沈金技術記録 (1)沈金雷鳥文飾箱

ちんきんぎじゅつきろく (1)ちんきんらいちょうもんかざりばこ

作品概要

沈金技術記録 (1)沈金雷鳥文飾箱

ちんきんぎじゅつきろく (1)ちんきんらいちょうもんかざりばこ

漆芸 / 昭和以降

前大峰  (1940~1977)

まえ たいほう

昭和28/1953

手板(木製漆塗)、沈金

厚5.2 18.0×25.0

一式

文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)

国(文化庁)

 沈金は、漆芸の装飾技法の一つで、漆地を沈金ノミ(沈金刀)で彫り、彫溝に漆を擦り込んで金粉や金箔を入れ、文様を表す技法である。中国で宋代から行われていた技法で、室町時代には我が国でも始められたと考えられる。
 この技術記録の内容は、沈金技法見本手板7種、象嵌工程見本手板(5工程)、参考作品「沈金雷鳥文飾箱」及び沈金制作用具(沈金刀、文廻し、定規、砥石)である。

沈金技術記録 (1)沈金雷鳥文飾箱をもっと見る

前大峰をもっと見る

国(文化庁 工芸技術資料)をもっと見る

キーワード

沈金 / 技法 / / 彫る

関連作品

チェックした関連作品の検索