文化遺産オンライン

蓬莱沈金手箱

ほうらいちんきんてばこ

作品概要

蓬莱沈金手箱

ほうらいちんきんてばこ

漆工 / 室町

室町時代・16世紀

木製漆塗

総高24.5 幅34.0 奥行22.8

1合

 沈金は漆器の表面を細い刀で浅く彫り、その彫溝の中に金箔や消粉などを付着させて文様を表わす技法。南北朝時代に日本に伝わったとみられる漆芸装飾で、中国では鎗金とよばれる。ここでは各面に入隅形の枠を設けてその中に図柄を表わしており、中国の鎗金作品の文様構成を意識している。

蓬莱沈金手箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

沈金 / 鎗金 / / 技法

関連作品

チェックした関連作品の検索