文化遺産オンライン

鴛鴦沈金手箱

おしどりちんきんてばこ

作品概要

鴛鴦沈金手箱

おしどりちんきんてばこ

漆工 / 室町

室町時代・16世紀

1合

沈金は、漆器の表面を線刻し、その彫り溝の中に金箔や金粉などを付着させて、文様を表わす技法。中国の鎗金という技法が日本に伝わり、沈金と呼ばれた。沈金には鎗金(そうきん)の文様を踏襲したものも見られるが、時代が降るにつれて和様化し、独特の素朴な表現が見られる。

鴛鴦沈金手箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

沈金 / 鎗金 / / 技法

関連作品

チェックした関連作品の検索