文化遺産オンライン

孔雀鎗金経箱

くじゃくそうきんきょうばこ

作品概要

孔雀鎗金経箱

くじゃくそうきんきょうばこ

漆工

中国・元時代 延祐2年(1315)

縦23.3 横40.0 高25.7

1合

重要文化財

中国浙江省杭州で元朝・延祐2(1315)年に製作された経箱で、仏教経典(元代一切経など)の刊本を納めたもの。同時期の類品(重要文化財)3点が福岡・誓願寺(せいがんじ)などに伝世している。室町時代に流行した沈金の漆芸技法は、中国の鎗金技術を学んで発達したものであり、本品はその点からも中世・日中交流史上、貴重な工芸品である。

孔雀鎗金経箱をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

沈金 / 鎗金 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索