屈輪文堆黒輪花盆 グリモンツイコクリンカボン

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 

径:37.2cm 高:5.4cm
1面

堆黒は中国で「剔犀(てきさい)」とよばれる彫漆品の和名で、木胎に黒漆と朱漆の層を何層にも塗り重ね表面を黒漆塗りし、これに文様を彫刻した漆芸品である。その製作は宋時代にはじまり、明・清時代には大量に造られ、その遺品は多い。 本品は珍らしく9稜をもつ輪花の盆で、元末明初の作と思われる。面全体を引締めた屈輪文でうめつくし、厚い漆の層をするどく、深く彫り起した彫漆工芸の優品である。 なお、この彫り目には黒漆の層の間に朱漆の七層が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

屈輪文堆黒輪花盆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

屈輪堆黒箱
犀皮盆
犀皮盆
屈輪文堆紫食籠・盆
屈輪堆黒合子
ページトップへ