文化遺産オンライン

屈輪堆黒合子

ぐりついこくごうす

作品概要

屈輪堆黒合子

ぐりついこくごうす

漆工 / / 中国

制作地:中国

元時代・14世紀

1合

このようにいわゆる「めがね形」の屈輪様文は、14世紀代に流行しました。側面には、唐草文があらわされています。漆層が厚いため、彫りが深く、力強い作風を見せています。日本に伝世した屈輪文の元時代の作例は大半が盆であり、このような盒子は大変希少です。

屈輪堆黒合子をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

屈る / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索