文化遺産オンライン

朱漆菊堆錦食籠

しゅうるしきくついきんじきろう

作品概要

朱漆菊堆錦食籠

しゅうるしきくついきんじきろう

漆工

沖縄本島

第二尚氏時代・19世紀

木製漆塗

高13.3 径23.9

1合

丸みを帯びた肉厚な食籠で、朱塗(しゅぬ)りの地に堆錦(ついきん)で菊の文様が表現されています。花の部分は花びらが幾重にも重なり合った様子をあらわし、茎の部分は黒く塗られています。赤と黒の色調の対比が鮮やかな作品です。

朱漆菊堆錦食籠をもっと見る

沖縄本島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 堆い

関連作品

チェックした関連作品の検索