麒麟鳳凰堆朱印箱

漆工 /  / 中国 

制作地:中国
明時代・16世紀
1基

堆朱(ついしゅ)とは朱漆を塗り重ね、文様を彫刻する技法。正面の板は取り外しができる。蓋上と正面に麒麟の姿があり、残りの面は鳳凰が彫られている。蓋上の麒麟は波間を疾走しながら太陽を仰ぎ見ている。

作品所在地の地図

関連リンク

麒麟鳳凰堆朱印箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

龍鳳堆朱長方形箱
龍鳳堆朱長方形箱

「大明宣徳年製」銘

牛童堆朱合子
木彫朱漆塗カメラ(堆朱カメラ)<BR/> 附 湿板用縦型バット 1枚<BR/>   現像用平型バット 1枚<BR/>   台版 1基<BR/>   ガラス板 17枚<BR/>   収納箱 1個
卍格子文堆朱硯箱
花鳥堆朱長方形箱
花鳥堆朱長方形箱

「洪福橋呂甫造」銘

ページトップへ