文化遺産オンライン

麒麟鳳凰堆朱印箱

作品概要

麒麟鳳凰堆朱印箱

漆工 / / 中国

制作地:中国

明時代・16世紀

1基

堆朱(ついしゅ)とは朱漆を塗り重ね、文様を彫刻する技法。正面の板は取り外しができる。蓋上と正面に麒麟の姿があり、残りの面は鳳凰が彫られている。蓋上の麒麟は波間を疾走しながら太陽を仰ぎ見ている。

麒麟鳳凰堆朱印箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

堆朱 / / 塗る / 重ねる

関連作品

チェックした関連作品の検索