古染付松樹文双耳花入 こそめつけしょうじゅもんそうじはないれ

陶磁 /  

中国・景徳鎮窯
明時代・17世紀
磁製
高28.3 口径7.3 底径6.0
1口

壺形の胴に裾広がりの高台が付いた形で、耳は龍頭である。明末の景徳鎮窯で作られた青花磁器、いわゆる古染付には茶の湯や懐石の器が多くみられる。コバルトは淡く灰色がかっていて、文様はどこか控えめであり、全体に枯淡な趣の花生である。

作品所在地の地図

関連リンク

古染付松樹文双耳花入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古染付高砂手花入
古染付高砂手花入

中国・景徳鎮窯

青花八吉祥文壺
青花八吉祥文壺

中国・景徳鎮窯

古染付網目魚文徳利
古染付網目魚文徳利

中国・景徳鎮窯

古染付羅漢文皿
古染付羅漢文皿

中国・景徳鎮窯

青花龍濤文壺
青花龍濤文壺

中国・景徳鎮窯

ページトップへ