文化遺産オンライン

古染付松樹文双耳花入

こそめつけしょうじゅもんそうじはないれ

作品概要

古染付松樹文双耳花入

こそめつけしょうじゅもんそうじはないれ

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・17世紀

磁製

高28.3 口径7.3 底径6.0

1口

壺形の胴に裾広がりの高台が付いた形で、耳は龍頭である。明末の景徳鎮窯で作られた青花磁器、いわゆる古染付には茶の湯や懐石の器が多くみられる。コバルトは淡く灰色がかっていて、文様はどこか控えめであり、全体に枯淡な趣の花生である。

古染付松樹文双耳花入をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Ming / 鎮窯 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索