文化遺産オンライン

古染付竹文双耳水指

こそめつけたけもんそうじみずさし

作品概要

古染付竹文双耳水指

こそめつけたけもんそうじみずさし

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・17世紀

磁質

高18.2 口径14.4 高台径13.6

1口

 胴に縦筋をつけて七区に割り、瓜形としている。巾着(きんちゃく)を思わせる器形は日本からの注文によるものだろう。胴の両面に簡潔な筆づかいで竹と筍の図が描かれており、淡い濃染(だみぞ)めが施されている。口縁や耳の部分には虫喰いとよばれる釉薬(ゆうやく)の剥落が生じている。

古染付竹文双耳水指をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Ming / 鎮窯 /

関連作品

チェックした関連作品の検索