青白磁瓜形水注 せいはくじうりがたすいちゅう

工芸 /  / 近畿 

京都府
北宋
素地は白色磁質体、轆轤挽整形、内外透明釉をかけ、底は露胎。形態はずんぐりとした瓜形で、縦に十瓜に切り込みを入れ、肩より胴中央部まで雲文を線刻して太く短めの頸を付して口縁…
総高16.5 胴径15.1 蓋径8.1 (㎝)
1口
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19710622
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

丸味の強い瓜形に把手と注口をつけ、全面に透明釉をかけた水注である。釉はわずかに青味がかったいわゆる影青の特色を示し、清冽な気分が横溢している。中国北宋に江西省景徳鎮で造られたもので、青白磁中、形態・釉調とも最も完好な作例の一つである。

作品所在地の地図

関連リンク

青白磁瓜形水注チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白磁瓜形水注
白磁瓜形水注

中国・景徳鎮窯 

青白磁六稜形花瓶
古丹波秋草文四耳壺
青白磁菊花形合子
青磁蓮芙蓉文瓜形水注
ページトップへ