古丹波秋草文四耳壺 こたんばあきくさもんしじこ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 室町 / 近畿 

京都府
室町
素地は長石や珪石の差yルウを含んだ灰白色炻器質胎で、器表はよく焼け締まって黄褐色を呈する大形の壺である。粘土紐造りにより、胴部を大きく三段に分け継ぎ足して成形し、胴下半は…
高43.1㎝ 口径14.1㎝ 胴径38.7㎝ 底径20.3㎝
1口
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19750612
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

素地よく焼き締まり、その上に黄緑色の自然釉がかかり、肩には一茎の秋草文を線刻であらわしている。大きな器形に小さな低い口頸、撫肩のおだやかな形姿に可憐な野性味を感じさせる壺である。中世丹波窯の代表的遺品である。

作品所在地の地図

関連リンク

古丹波秋草文四耳壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古越前広口壺
珠洲草樹文壺
檜垣文壺〈信楽/〉
秋草文壺
流釉壺 丹波
ページトップへ