Shigarakiotsubo

信楽大壺

Details

Shigarakiotsubo

信楽大壺

室町 / 滋賀県

滋賀県・信楽窯

室町時代/15世紀

自然釉焼締陶製

H-51 D-38

外反する口づくりで、口縁をひねり返して丸く丁寧に仕上げている。典型的な長胴形の壼である。素地は長珪石を多く含んだ土で、全体によく焼き締まっている。火表は降りかかった灰が大きく焦げとなり、その周囲が熔けて鮮緑色の自然釉となって流れ落ちている。火裏側は赤褐色の光沢のある器肌を呈し、長石粒の噴き出しも多い。胴部にはひっつきもあり、焦げ、自然釉、火色と、信楽らしい豪快な景色となっている。

Search by Shigarakiotsubo

Search by MIHO MUSEUM

Keywords

ware / 信楽 / Shigaraki /

Related Works

Search items related to work chosen