文化遺産オンライン

自然釉刻文大壺

しぜんゆうこくもんたいこ

作品概要

自然釉刻文大壺

しぜんゆうこくもんたいこ

陶磁 / 室町

信楽

室町時代・15世紀

陶製

高42.9 口径15.2

1口

 信楽(しがらき)は滋賀県甲賀郡信楽町一帯で中世以来栄えた窯で、白い長石粒を多く含み、鮮やかに赤く焦げた土肌の美しさが見所となっている。肩に刻文が付けられ、成形も堂々として力強く、造形が最も充実した室町中期15世紀、信楽大壺を代表する名品。

自然釉刻文大壺をもっと見る

信楽をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

信楽 / / / 自然

関連作品

チェックした関連作品の検索