三耳壷 さんじこ

工芸  陶磁 / 鎌倉 / 日本 

鎌倉時代中期
常滑製
口径10.4cm 胴径22.5cm 高39.0cm
1口

肩に三つの耳(細い紐状のもの)が付いた壺。口頚部が肩から高く立ち上がるこの種の壺は、鎌倉時代中期の瀬戸窯では多く焼かれたが、常滑では類例が少ない。鉄分の多い知多半島の土を用いているため、全体が茶褐色に焼上がっている。口縁の内側と肩に流れている釉は、焼成時の薪の灰が付着して溶けたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

三耳壷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灰釉四耳壷
渥美灰釉芦鷺文三耳壺
短頚壷
古越前広口壺
長頚瓶
ページトップへ