灰釉四耳壷 かいゆうしじこ

工芸  陶磁 / 鎌倉 / 日本 

鎌倉時代前期
瀬戸製
口径16.0cm 胴径33.0cm 高56.0cm
1口

瀬戸窯では、肩に四つの耳の付いた四耳壺が、鎌倉時代から室町時代にかけて数多く作られたが、本品はそれらの中でもとびぬけて大きい。灰釉が薄く、まだらにかかっており、施釉法がまだ未熟であった時期のものであることがわかる。肩に一列施された小花のスタンプ文も、鎌倉時代後期のものに比して控えめである。

作品所在地の地図

関連リンク

灰釉四耳壷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三耳壷
灰釉魚波文瓶子
灰釉魚波文四耳壷
渥美灰釉芦鷺文三耳壺
鉄釉広口壷
ページトップへ