古越前広口壺 こえちぜんひろくちつぼ

工芸 / 鎌倉 / 近畿 

京都府
鎌倉/1306
素地は砂粒を多く含む灰褐色陶胎で、器表は赤褐色を呈する壺(小型甕)である。胴部全体は粘土紐造りとし、三段に積み上げ、轆轤調整する。底はやや小さな平底とし、胴下部は緩やか…
高34.3㎝ 口径23.5㎝ 胴径37.4㎝ 底径16.6㎝
1口
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19750612
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

福井県丹生郡織田町や宮崎村を中心に散在した越前古窯は、中世の代表的窯の一つであった。砂分の多い灰褐色炻質胎は越前古窯の特有な胎地であり、全体に厚手で端反った口縁部、ゆがんだ形姿、口縁と肩一部の黄色の自然釉がかかり、古越前独得の味をもっている。
 肩の箆書の銘文によって嘉元四年につくられた織田庄のとらか太夫のかめであることがわかり、古越前の資料として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

古越前広口壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

檜垣文壺〈信楽/〉
古丹波秋草文四耳壺
珠洲草樹文壺
流釉壺 丹波
巴文大壺〈珠洲/〉
ページトップへ