Karamonokatatsukichaire(kitano)

唐物肩衝茶入(北野)

Details

Karamonokatatsukichaire(kitano)

唐物肩衝茶入(北野)

工芸品 / / 関東

東京都

南宋時代/1101-1300

器形は胴が張り肩衝形をなす茶入である。素地は鉄分を含んだ細密な淡褐色陶胎をなし、薄く轆轤成形する。底は板起こしで平底とし、周囲がわずかに持ち上がる。胴はきわめて薄く挽き…

高8.9 口径4.3 胴径7.4 底径4.2(㎝)

1口

三井記念美術館 東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階

重文指定年月日:20030529
国宝指定年月日:
登録年月日:

公益財団法人三井文庫

国宝・重要文化財(美術品)

本作品は、重文・唐物肩衝茶入(銘初花)に類似する、典型的な唐物肩衝茶入の形をなすもので、津田宗及の『宗及他会記』における道具拝見記においても他家の茶入との比較においてしばしば基準として登場する。口辺の強い外反、平らな肩、ほどよく張った胴、伸びやかな腰のすぼまりなど、肩衝茶入の理想形をなす形姿を有し、釉薬も一方に濃く掛かってなだれかかり釉景色を作り出す。足利義政所持とされるいわゆる大名物であり、唐物肩衝茶入を代表する優品として、茶道文化史上貴重な作品である。
 なお付属する茶入袋には間道袋(鎌倉広東)、縹地青海波宝尽唐花文緞子袋(本能寺緞子)、紫地鳳凰丸文金襴袋(橘屋金襴)の名物裂をあつらえ、巣入の象牙蓋が添う。いずれも本茶入の格別の扱いを示す資料として貴重である。

Related Works

Search items related to work chosen