肩衝茶入 銘松屋  かたつきちゃいれ まつや

陶磁 /    / 中国 

福州窯系
ふくしゅうようけい
中国
南宋〜元時代
高7.7㎝ 口径4.6㎝ 底径4.7㎝
一口
東京都港区南青山6-5-45
根津美術館
重要文化財

肩衝茶入としては、やや背が低いが、それがかえって堂々とした風格のある姿にしている。黒褐色の地釉に茶釉が流れ景色となっている。この茶入はもと松本珠報(しゅほう)が所持していたので、松本とも称されている。のちに奈良の松屋の所持するところとなり、松屋肩衝と称され、徐煕(じょき)筆の白鷺図、存星(ぞんせい)の長盆とともに松屋三名物のひとつとして伝わった。松屋から複数の大坂商人の手を経て、島津家に渡り、昭和3年の島津家入札において根津嘉一郎が落札したものである。仕覆(しふく)4点、羽田盆が添っている。

作品所在地の地図

関連リンク

肩衝茶入 銘松屋 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐物肩衝茶入〈銘松屋/〉
文琳茶入  銘 白玉 
青磁肩衝茶入
青磁肩衝茶入

龍泉窯

唐物肩衝茶入(北野)
丸壺茶入(相坂)〈瀬戸/〉
ページトップへ