青磁肩衝茶入 せいじかたつきちゃいれ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  陶磁 /  / 日本  九州  佐賀県 

龍泉窯
りゅうせんよう
明代末/16~17世紀
磁器 肩付。象牙蓋付、仕覆は緞子。
高10.0cm 口径3.8cm 底径4.0cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

茶入とは抹茶を入れる小型の壺で、室町時代から珍重された唐物と、千利休以降評価が高められた和物がある。本品は中国の龍泉窯で焼かれた青磁の肩衝茶入。肩部にヘラで簡単な陰刻模様をつける。龍泉窯の青磁としては衰退期にあたり、底のつくりも雑だが、青磁への憧れが強かった日本では茶道具の景色として喜ばれた。牙蓋添、紺地唐花唐草に宝尽模様金襴緞子仕覆添。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁肩衝茶入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

飴釉茶入
飴釉茶入

瀬戸焼

青磁水指 代蓋・網袋添
青磁陽刻唐花唐草文掛花入
青磁算木文三足香炉
青磁赤絵唐草花文輪花皿
ページトップへ