青磁陽刻唐花唐草文掛花入 せいじようこくからはなからくさもんかけはないれ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  陶磁 /  / 日本  九州  佐賀県 

龍泉窯
りゅうせんよう
明時代/15~16世紀
磁器 
高25.2cm 口径7.8cm 底径9cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

胴部に唐花唐草文を陽刻した耳付の花入で、背面に金具があり、掛花生として用いられた。龍泉窯で焼かれた美しい淡青色の磁器は唐物として日本において珍重された。鍋島家の菩提寺である高伝寺に寄附され、大正14年(1925)同寺から鍋島家に返納された御道具の一つ。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁陽刻唐花唐草文掛花入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁算木文三足香炉
青磁獅子紐三足香炉
青磁肩衝茶入
青磁肩衝茶入

龍泉窯

青磁赤絵唐草花文輪花皿
色絵椿文輪花大皿
色絵椿文輪花大皿

肥前・岩谷川内藩窯

ページトップへ