飴釉茶入 あめゆうちゃいれ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

瀬戸焼
せとやき
江戸時代
陶製 
高8.5cm 口径3.7cm 底径3.9cm 胴径7.3cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

茶入とは抹茶を入れる小型の壺で、室町時代から珍重された唐物と、千利休以降評価が高められた和物がある。瀬戸焼をはじめとする和物は、もともと唐物を手本に焼かれたもの。胴紐をめぐらした茄子形の茶入で、薄い鉄釉に藁灰釉をまじりかけて焼成している。口縁部から肩にかけての白いところが藁灰釉をまぜかけた所で、ここが正面となり、茶道具では景色として好まれる。口縁部の補修は後世のもの。

作品所在地の地図

関連リンク

飴釉茶入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁肩衝茶入
青磁肩衝茶入

龍泉窯

流釉壺 丹波
褐釉茶入 銘 木間
織部茶入
織部茶入
ページトップへ