織部茶入 おりべちゃいれ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径3.0cm 器高11.6cm 高台径4.3cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

下胴部に段をもつ茶入で、胴部には縦あるいは横方向にヘラ目を入れる。上胴部には波状文を入れ、左右二方に粘土紐で耳を貼付するが欠落している。底部はヘラで輪高台を削り出すが、高台内の削りは浅く、糸切り痕がわずかに残り、「×」のヘラ記号を入れている。口縁部から下胴部の段にかけて鉄釉を施す。このように作為が表出した茶入れを織部茶入と呼ぶ。

作品所在地の地図

関連リンク

織部茶入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

織部茶入
黒織部茶碗
織部黒茶碗
織部黒茶碗
青織部向付
ページトップへ