黒織部茶碗 くろおりべちゃわん

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径12.8cm 器高7.2cm 高台径5.8cm
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

沓形碗は織部黒が最も大振りで、絵付が施された黒織部は徐々に小型化していく。この黒織部茶碗は、やや小型化しているが、口縁部外面に縁帯を巡らせ、歪みの強さ、ヘラによる削りや彫りを多用しており力強い造形となっている。体部の外面と内面の一部に窓を残し、縦線、横線、鋸歯文、草文、連珠など大胆な文様を描いている。高台の削りは特徴的で、高台脇には二重松葉風のヘラ記号がある。元屋敷窯跡から出土した数少ない完形の優品である。

作品所在地の地図

関連リンク

黒織部茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

織部黒茶碗
黒織部茶碗
織部黒茶碗
青織部向付
志野茶碗
ページトップへ