志野織部向付 しのおりべむこうづけ

石器・石製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径6.6cm 器高10.0cm 高台径4.9cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

腰部に丸みをもち、胴部下半で二度強く括れ、胴部上半から口縁部へと直上する。高台は削り出し輪高台で、口縁部を輻花のように指で押さえて三つ葉形に整える。胴部上半には2本1組の縦線を三方に垂下させ、その問に矢羽を、胴部下半には横線を鉄で描く。長石釉を全面に施している。元屋敷窯でも操業初期の製品であろう。

作品所在地の地図

関連リンク

志野織部向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鳴海織部向付
御深井釉水指
志野茶碗
志野織部向付
青織部香炉
ページトップへ