青織部香炉 あおおりべこうろ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

胴部中央に最大径をもつ香炉で、口縁部を肥厚させる。腰部の括れには沈線を入れている。高台は削り出し輪高台で、高台脇には明瞭な段が我る。二方に銅線釉を掛け、釉を掛け残した窓に鉄で格子目、カルタ、柳を描き、長石釉を掛け分ける。内面にも長石勅が施紬される。底部には輪トチの目跡が残る。

作品所在地の地図

関連リンク

青織部香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青織部向付
青織部香合
鳴海織部向付
黒織部茶碗
志野織部向付
ページトップへ