青織部香合 あおおりべこうごう

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
径5.0cm 高さ2.9cm
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

窯跡から身と蓋が溶着して出土した稀有な資料である。身、蓋ともにロクロ成形で、指とヘラで作為的に変形させる。底部にはヘラで平に整えた後、「一」字状のヘラ記号が刻まれる。施文、施釉は蓋に身を被せた状態で行い、蓋の体部と身の体部に横位に沈線を入れ、その問に2木1単位の沈線を3ヶ所に施す。一方に銅緑紬を漬け掛けし、釉を掛け残した部分に列点や枡を鉄で描き、その上に長石軸を掛け分ける。底部には輪トチの目跡が残る。

作品所在地の地図

関連リンク

青織部香合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青織部香炉
青織部向付
織部黒茶碗
志野大鉢
青織部向付
ページトップへ