青織部向付 あおおりべむこうづけ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径16.5cm 器高4.4cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

ロクロ成形後、型打ちにより扇形に整えられた平向付である。骨にあたる部分も型打ちにより表現している。外面底部から外面をヘラで調整し、腰部も面取りで丸みを持たせている。胴部から口縁部はわずかに開き気味に立ち上がる。外面底部には半環足を貼付する。体部の二方に銅緑釉を掛け、窓の部分には口縁部の縁取り、間道文、紅葉唐草文、横線、扇の骨を鉄で描き、長石釉を掛け分ける。底部の内外面には円錐ピンの目跡と溶着がある。

作品所在地の地図

関連リンク

青織部向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野織部向付
青織部向付
志野織部向付
鳴海織部向付
鳴海織部向付
ページトップへ