青織部向付 あおおりべむこうづけ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径15.3cm 器高4.8cm
1口
出土地:元屋敷窯周辺

ロクロ成形後に型打ち成形した違い菱形の平向付である。体部の左右二方に銅緑釉を掛け分けている。釉を掛け残した窓の部分には鉄絵を施し、長石釉を掛ける。文様は、見込みには間道文に梅花や梅鉢、格子に○や●を描き、側部外面には間道文、唐草、側部内面には横線をめぐらしている。底部は扁平にヘラ削りし、半環足を3ヶ所に付けている。見込みと側部の境に段部を有する。

作品所在地の地図

関連リンク

青織部向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青織部向付
青織部向付
志野織部向付
鳴海織部向付
志野織部向付
ページトップへ