青織部向付 あおおりべむこうづけ

土器・土製品類 / 江戸 / 岐阜県 

桃山時代/17世紀
施釉陶器
口径6.8cm 器高9.5cm 高台径5.3cm
1口
元屋敷陶器窯跡出土(元屋敷窯)

ロクロ成形後、外面をヘラ削り調整をして螺施状に筋をめぐらした後、四方をヘラで内へくぼませて変形している。銅緑釉を口縁部及び側部の二方に掛け、別の二方には窓を残す。窓の一方に格子文と吊し柿、もう一方には間道文を描き,長石釉を掛けている。釉はよく熔けており、一部高台内に流れる。高台は隅丸方形の輪高台を削り出し、高台にはトチンの熔着痕がみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

青織部向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青織部向付
志野織部向付
青織部向付
織部黒茶碗
志野織部向付
ページトップへ